ゆゆかのあたまのなか

PTSD&うつと言われていたのですが、発達障害の疑いが…。近々心理検査を受ける予定です。仕事は休職中。

すべては導かれている

今回はおすすめの本をご紹介します。

 

『すべては導かれている:逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟』

すべては導かれている: 逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟

すべては導かれている: 逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟

 

 

 

書籍名の『五つの覚悟』とは、

〝「自分の人生は大いなる何かに導かれている」

「人生で起こること、すべて、深い意味がある」

「人生における問題、すべて、自分に原因がある」

「大いなる何かが、自分を育てようとしている」

「逆境を越える叡知は、すべて、与えられる」〟

書籍『すべては導かれている:逆境を越え、人生を拓く 五つの覚悟』より引用

 

上記の『五つの覚悟』をテーマに内容は進んでいきます。

 

この本を読んで、今私が苦しんでいるのにも何か意味があるのではないか、過去のトラウマ体験は私に何を教えようとしているのだろう?

と考えるようになりました。

 

「ただただ毎日が苦しい」「トラウマが辛くてしょうがない」と思っていた私に、違う視点から物事を見るということ、人生は何があるかわからないということ、大いなる何かに導かれているのだと思い、苦しくてもそこから何かを学ぶこと、を教えてくれました。

 

私は3回読み返しましたが、読むたびに新しい気付きを与えてくれて、気持ちを前向きにしてくれる素敵な作品です。

 

しかし新しい考え方や視点をこの本から学んだとはいえ、それが身に付いたわけではありません。

まだまだ落ち込んだり、へこんだり、取り乱したり、辛いことがたくさんある毎日。

 

そんな日常の中で、少しでもこの本の内容を思いだし、この本で得た知識を活用していけたらな、と思います。

 

中身は文字がぎっしり詰まっているわけではありませんが、各項目丁寧に書かれているため、決してさらっと読める本ではありません。

じっくりと、時間をかけて読んでいく作品だと思います。

 

私はKindle版で読みましたが、いずれ紙の書籍を購入したいです。

ずっと大切に手元に置いておきたい、そう思えるような1冊です。