ゆゆかのあたまのなか

PTSD&うつと言われていたのですが、発達障害の疑いが…。近々心理検査を受ける予定です。仕事は休職中。

毒親から吐かれた毒シリーズ『お前は真面目すぎるんだー!! ハッハッハッー(大笑い)』

こんにちは。

3連休1日目の朝は必死にハロスイやってブログ書いて…早速引きこもっているゆゆかです。

今回は父から吐かれた毒をご紹介。


記事タイトルからだとほとんど毒度は伝わらないと思いますので詳しく説明します。




『お前は真面目すぎるんだー!! ハッハッハッー(大笑い)』


毒の威力  :★
吐かれた頻度:★
現在の回復度:★★★★★
吐かれた時期:7、8歳くらいのとき


これはたしか小学校低学年くらいの時だったと思います。


お正月で親戚も合わせてみんなで外食に行きました。

畳のお部屋で、親戚の子供も沢山いたのでみんなで楽しくとても賑やかでした。


どういう経緯でそうなったのかは覚えていないのですが、父が畳と畳の境目の線を指差し、


『ここからこっち側に入ってきたやつはお年玉なしだ!!』


と言ってきたんです。


この時もうすでに『親の言うことは絶対』『逆らってはいけない』と脳にインプットされていたため、お年玉がほしい私はそれを守りました。


しかし我慢できない他の子供たちはそれを破って線を越えていきました。

そのたびに父や周りの大人たちは

『はい、○○はお年玉なし~』

といった感じで楽しそうでした。


とうとう線を越えられないのは私ひとりになりました。
みんなが線を越えていても、なぜか私は越えることができませんでした。

本当に大丈夫なのかな?
お年玉もらえないのやだなぁ…
と思っていると、


父は、

『は? お前まださっき言ったこと守ってんの?』

と言いました。


そして、ここで毒(言葉)登場!

『お前は真面目すぎるんだー!!ハッハッハッー(大笑い)』

周りも爆笑。


私は恥ずかしくて泣きました。


泣いたら泣いたで父は、

『こいつ泣いてるよー(大笑い)』

と言ってきました。


たぶん父にとってはただの遊びです。

私も当時は私が真面目すぎるからいけないんだ、冗談がわからないのがいけないんだ、と思いました。


けれど今振り返ってみると、
これって学校でいう、
いじめっこ(父)といじめられっこ(私)
のやりとりにみえるんですが、
私だけですか???


基本的に父は面白くありません。
人やペットなどを蔑まし笑いに変えようとするところがあります。


こういうやりとりって
親子では当たり前なんでしょうか。
私にはよくわかりません。

少なくとも当時の私は傷ついたし、だから今でも覚えています。
今は思い出しても大丈夫ですが。



今回の毒は、毒にたどり着くまでのエピソードが長く申し訳ございません。

ただ、これってどうなの?
私傷ついたけど、これってみんなどう思う? って気になってブログに書いてみました。

私の過剰反応でしたらすみません(^_^;)



以上、毒親から吐かれた毒シリーズでした!!


お読みいただきありがとうございました!!