ゆゆかのあたまのなか

PTSD&うつと言われていたのですが、発達障害の疑いが…。近々心理検査を受ける予定です。仕事は休職中。

傷の数だけキラキラ光る ~『見る見る幸せが見えてくる授業』ひすいこたろうさん著より~

今回はおすすめ書籍の紹介です。


ひすいこたろうさんの、
見る見る幸せが見えてくる授業

見る見る幸せが見えてくる授業

見る見る幸せが見えてくる授業


ひすいこたろうさんといえば、
名言セラピー!
普段本を読まない人を意識して書いているそうですが、普段本を読む私も大ファンです\(^-^)/


今回紹介する『見る見る幸せが見えてくる授業』は、ひすいこたろうさんが「先生」となり、授業を通して幸せを「見える化」してくれる本です。


ちょっと読んでみたいな~、さらっとみて良さそうなら買ってみようかな~、くらいの気持ちで本屋に行きました。

そんな気持ちでさらっと本を開いただけなのに、この言葉が欲しかったの! と思うような、私が今まさに求めていた言葉が書いてあって、即購入を決めました。


それが、ブログの記事タイトルにもある、
〝傷の数だけキラキラ光る〝という項目。


読み進めてみると、
〝心に受けた傷。でも、それがあなたを磨き、あなたらしさを光らせてくれるのです。〝
という言葉。


今まで沢山傷ついてきたけれど、それが無駄ではなかったように思えました。
無駄じゃないし、無駄にしないような生き方をしたいなぁと思いました。

他にも、国語の授業や図工の授業など、懐かしいな~と思うような授業ごとに、幸せを「見える化」してくれています!


ひすいこたろうさんの本は、うつで具合が悪くても比較的読みやすい本だと思っています。

活字びっしりではなく、所々に絵が書いてあったり、文章も少しくだけた感じで楽に読める印象です。

あと、いい意味でキラキラしてないんです。
うつには眩しすぎて読めないわー、なんて本、たまにありませんか?
(私だけかもしれませんが…)

ひすいこたろうさんの本はそういう感じではなく、肩の力を抜いて、これならうつでも幸せのことを少し考えられるかもって思わせてくれる…そんな本が沢山あります。


まだひすいこたろうさんの本を読んだことないという方、おすすめなのでよかったら読んでみてください(^^)